日本の生け花の芸術について

日本は、美しさとバランスを尊重することで知られる国です。この2つの側面への愛情は、芸術だけでなく彼らの文化にも大きく反映されており、日本の神道の宗教の影響を受けています。 

先史時代の日本文化では、人々は常に自然の美しさを芸術作品に取り入れ、それを日常生活に取り入れようと努めてきました。これらの芸術的な表現の1つは、日本の生け花またはフラワーアレンジメントです。 

腐敗、再生、老化の象徴である植物、花、樹木を使用しているため、日本文化の中でも特別な場所です。生け花の歴史は、仏陀に捧げられた6世紀までさかのぼることができます。

生け花:完璧なバランスを見つける芸術

生け花は、フラワーアレンジメントを含む日本のアートスタイルです。その主な目的は、完璧なバランスを見つけ、規律とデザインの均衡を示すことです。ほとんどの生け花のスタイルとは異なり、生け花は、入れられた容器に関連して茎、花、その他のコンポーネントがどのように配置されるかによって区別されます。生け花は、設立以来、モダンなデザインや伝統的なデザインなど、さまざまなスタイルやバリエーションがありました。 。

今日でも生け花は日本人に人気の娯楽であり、ほとんどの作品は、企業の会議室、伝統的な旅館、市役所、宴会場、さらにはモールなどの公式および公共の場で見つけることができます。 

この芸術の重要性は、コンテナに配置されたさまざまな要素間の調和をどのように強調するかです。生け花で使われる通常の作品には、ガラス、木、金属、竹、陶器などがあります。伝統的に、生け花は最も基本的な形で美しさを強調するため、微妙な美しさとスタイルの感覚を反映する必要があります。

生け花の中心にはマナーとエチケットがあります。この芸術形式の巨匠は生け花を演じて、花の生命を尊重し、それをアレンジする芸術家の精神性を高めるのを助けます。生け花の単一のスタイルを習得するには、この芸術形式では細部が重要であるため、多くの時間と忍耐が必要になる可能性があります。  

生け花の誕生 

生け花の芸術は、1333年から1568年までの室町時代に開発されました。これは、花の供物を通じて仏を称える方法として最初に確立され、後に、装飾用の床の間であるロコノマを飾るために使用されました。日本の貴族の住居で発見されました。この床の間は、今日に至るまで、いくつかの書院造の家で見ることができます。 

生け花のスタイルを発見したのは、茶人の千利休です。利休は16世紀後半に芸術の一形態として日本の茶道を育てることに力を注いだ。その結果、茶花や花茶の芸術が生まれました。 

花茶の儀式の中で、利休は自然の表現が佐渡の芸術の中心であることに気づきました。それから彼は、式典の花が畑にあるかのように見えるように配置する必要があると決定しました。 

その結果、床の間のある茶室でフラワーアレンジメントが行われました。多くの場合、花は提供されているお茶や茶室の自然の美しさを反映する季節を反映しています。この芸術は、生け花の初期の形態に影響を与えました。       

さまざまな生け花のスタイル 

前述したように、生け花にはさまざまなスタイルがあり、それぞれが自然の素朴な美しさとそれがどのように精神性を高めるかを反映しています。以下のさまざまな生け花のスタイルを見て、それらが互いにユニークである理由を確認してください。

リッカ 

リッカスタイルの生け花は、安土桃山時代に発展した芸術の一形態です。この生け花のスタイルは、コンテナ内で7〜9本の植物を使用する3次元の配置を反映しています。このアレンジメントに見られる各コンポーネントは、季節の移り変わりの感覚を放ちます。このスタイルの生け花は、豪華な建物や日本の城でさえよく見られます。今日、あなたは上流階級の家でそれを見つけるかもしれません。 

Shoka 

Shokaは、オリジナルのRikkaアレンジメントを簡略化したものです。このスタイルでは、7〜9本の植物を使用する代わりに、3本の線しか使用しないため、必要な植物は3本だけです。庄香スタイルで最も重要なことは、アーティストがアレンジの要素のバランスをとる方法です。さらに、この形式の芸術は、光が当たる場所と、それが花の形成をどのように表すかを考慮に入れています。この作品は、日本のゲストのための装飾品や娯楽として床の間に置かれています。 

自由花

生け花の芸術を試してみたい場合は、自由花が自由花であり、ほとんどの生け花のスタイルに関連する伝統や形式に縛られないため、最初に最適なスタイルは自由花です。コンテナ内の要素をどのように配置するかは、アーティストとしてのスタイルに完全に依存します。 

投入 

投入 は、奇妙な瓶型の花瓶を配置に使用した生け花のスタイルです。その名前は、このスタイルのアレンジメントで花や枝が花瓶に投げ込まれる方法に注釈が付けられています。要素がコンテナに入れられるとすぐに、それは再配置されなくなり、変更なしで残され、生の外観を維持できます。 

盛り花 

盛り花は、生け花のスタイルで、外国産の花や植物を要素に使用しています。このタイプのスタイルは、日本が西側世界への扉を開くことを決定した直後の明治維新の時期に最初に導入されました。この間、さまざまな種類の植物や花が日本市場に導入され、すぐに日本の家庭に行き着きました。 

日本の主要な生け花学校:すべてを始めた機関!

生け花の芸術を師匠から直接学びたいのなら、日本の生け花学校に行くのが一番です。これらの機関は、今日私たちが知っている生け花のスタイルのいくつかを発見する責任があります。下記の日本で最高の生け花学校を見てください: 

池坊学校

池坊学校は、生け花芸術の古代機関として知られています。それはスタイルが始まり、継続的に変更されてきた場所です。学校は15世紀に京都の聖徳太子によって六角堂によって設立されました。この生け花を見つけた僧侶は、近くにボーと呼ばれる小さな小屋がある日本の池に住んでいたと言われています。このことから、生け花の名学校が誕生し、池坊と呼ばれるようになりました。 1462年の歴史的記録は、後にフラワーアレンジメントの達人として千景池坊を指名しました。 

池坊美術学校のスタイルは仏教の美の表現を反映しているため、滝、丘、谷、その他の自然の形を表すことを目的とした7つの異なるコンポーネントで構成されていることがよくあります。 

生け花のスタイルが複雑になる17世紀以前は、芸術家が正式に花をアレンジするだけで済みました。拡大する商人階級が生け花のスタイルを聖香としても知られる翔花に発展させ始めたとき、スタイルは変化し始めました。 

セイカスタイルは、3つのブランチだけで非常にシンプルです。最も高い枝は天を表し、真ん中の枝は人に仕えています。一方、最短の茎は地球を表しています。このスタイルのシンプルさは、アーティストがアレンジメントで使用される植物や花の美しさを強調することを可能にします。 

大原学園

19世紀、島根県松江市に住む有名な生け花教授の一人が池坊学園から分離し、大原学園と呼ばれる独自の機関を設立することを決定しました。生け花の教授である小原雲心にちなんで名付けられました。大原の生け花のスタイルは、大原が旅の途中で観察した野原や山々に着想を得ています。生け花の教授は、自分のスタイルで風景の自然の美しさを表現したいと考えていました。

盛り花風はこの学校で作られています。盛り花は、花を集めて浅い容器に積み上げ、使用する要素の生の美しさを反映する簡単な方法です。 

盛り花のスタイルは、直立していないため、池坊の以前のスタイルとは大きく対照的です。さらに、盛り花が確立された時期には、すでに西洋の影響が日本に浸透していたため、この配置は外国の花を特徴とし始めました。

大原は、奇妙な異国の花を彼の作品に組み込むための複数の方法を研究しました。 19世紀は生け花がゆっくりと日本人の趣味になってきた時期です。中産階級の男性もそれを行うことができました。しかし、その慣習は、社会の上層部がほとんど利用できるままでした。 

草月流草月流 

は、戦後の1930年代に設立されました。この間、日本人と外国人はこの習慣への関心の高まりを経験しました。アメリカ軍人の妻の中には生け花を趣味にした人もいました。外国人が帰国すると、生け花の日本美術が広まり、人気が高まりました。 

また、この時期に手芝総風が草月流を設立しました。草月流は、前衛的なスタイルと千栄花を擁護する機関です。どちらのスタイルも、石膏、鋼、プラスチックなどの素材を使用しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。